現代版の再利用と身近なものでゴミのダイエット

>

まだまだ使えるスマホと見直されている先人の知恵

スマホは家の中で意外に活躍中?

スマホを機種変更して使わなくなった前のスマホを、そのままWi-Fiで利用している人が多いようです。
子どもがWi-Fiを利用して家の中で動画を観たり、検索したりニュースなどを読むのに使っています。
アプリを使っての通話や目覚まし時計の代わりに音楽が流れるようにしています。
目覚まし時計1台で起きない方は、2台に増えますので効果が上がると思います。
アプリでどこにいても内線通話ができるのが便利で、2台のアラームで起きないときは呼び出し音を鳴らします。
音楽も聴けますし、メモ代わりにもなりドラレコのアプリを入れて車載している人もいます。
ずっと観ることができるテレビと違って、バッテリーがなくなればスマホを充電するしかありません。
スマホへの依存が問題視されていますが小さいお子さんの場合は充電を親が管理するようにして、時間をコントロールをするという方法もあります。

おしゃれな風呂敷をフル活用

風呂敷と聞いて古くさいと感じた人がいるかもしれませんが、最近の風呂敷は柄がおしゃれで鞄に入れておきたいアイテムの一つです。
包む、防ぐ、運ぶ、使い方がたくさんあります。
私自身もよく使うのが、旅行の際に着替えを風呂敷でパッキングします。
包んでおけば中身もわからないし、鞄の中が片付き持ち運びに便利です。
大判になれば着物や浴衣を包んだり、その上で着付けをしたら裾が汚れないしスマートにまとめることもできたので重宝しました。
最近は強力撥水の加工が施してある風呂敷があって、雨合羽の代わりになったり水をシャワーのように出すことができて非常時にも役立てることができます。
買い物をしたときには袋状にして荷物を入れられます。
サイズは大中小とありますが、大と中の2サイズあれば使い回せると思います。
使い方がわかる動画もあるので参考にしてみてください。


TOPへ戻る